vistaへの投資を考える VISTAファンドの株と投資信託で資産運用

vistaへの投資を考える VISTAファンドの株と投資信託で資産運用

vistaへの投資を考える

vista(ビスタ)への投資が注目されています。

vistaは、bricsに変わる投資対象として、注目されている地域のことで、ベトナム(Vietnam)、インドネシア(Indonesia)、南アフリカ(South africa)、トルコ(Turkey)、アルゼンチン(Argentine)の、5ヶ国を指しています。

vistaへの投資が期待されているのは、豊富な資源や労働力の増加から予想できる経済成長力だけではなく、戦後の日本が経済と共に、円相場を押し上げたような、現地通貨の上昇が期待できるという、相乗効果にもあります(為替ヘッジをしているもの、米ドル建てのものには注意)。

vistaへの投資は、将来的に大きなリターンが期待できるのが魅力です。

しかし、vistaへの投資で、各国の経済自体は、短期的には株価の上下を繰り返しつつ、大きく成長していくことが予想されます。

vistaへの投資を行う際には、中長期的な視点を念頭におくと良いでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。