VISTA投信はどう? VISTAファンドの株と投資信託で資産運用

VISTA投信はどう? VISTAファンドの株と投資信託で資産運用

VISTA投信はどう?

BRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)に続く投資地域として、VISTA(ベトナム、インドネシア、南アフリカ、トルコ、アルゼンチン)が注目されています。

VISTA投信とは、多数の投資家から集めた資金を一つの大きな資金とし、資産運用の専門家が、その5ヶ国に対し、株式や債券などで分散投資を行い、信託報酬を差し引いた運用成果を還元する商品のことです。

日本株に比べて、これから高度経済成長を迎えるVISTAの国々への投資する手段として、株式投資や債券投資が考えられますが、VISTA投信なら、比較的少額からでも手軽にはじめることができます。

ただ、VISTA投信は、元本が保障された商品でありません。
また、新興国への投資(VISTA投信を含む)ということからも、各国の経済はじめ、政情等カントリーリスクを理解し、投資を行うことが大切といえます。

このことから、VISTA投信に対しては、長期的な資産運用を行うことを目的に、購入することをお勧めします。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。