vistaとは? VISTAファンドの株と投資信託で資産運用

vistaとは? VISTAファンドの株と投資信託で資産運用

vistaへの投資はどうでしょうか?

vista(ビスタ)への投資が注目されています。

vistaは、bricsに変わる投資対象として、注目されている地域のことで、ベトナム(Vietnam)、インドネシア(Indonesia)、南アフリカ(South africa)、トルコ(Turkey)、アルゼンチン(Argentine)の、5ヶ国を指しています。

vistaへの投資が期待されているのは、豊富な資源や労働力の増加から予想できる経済成長力だけではなく、戦後の日本が経済と共に、円相場を押し上げたような、現地通貨の上昇が期待できるという、相乗効果にもあります。
(為替ヘッジをしているもの、米ドル建てのものには注意)

vistaへの投資は、将来的に大きなリターンが期待できるのが魅力ですが、各国の経済自体は、短期的には株価の上下を繰り返しつつ、大きく成長していくことが予想されます。

vistaへの投資を行う際には、中長期的な視点を念頭におくと良いでしょう。

vistaへの投資を考える

vista(ビスタ)への投資が注目されています。

vistaは、bricsに変わる投資対象として、注目されている地域のことで、ベトナム(Vietnam)、インドネシア(Indonesia)、南アフリカ(South africa)、トルコ(Turkey)、アルゼンチン(Argentine)の、5ヶ国を指しています。

vistaへの投資が期待されているのは、豊富な資源や労働力の増加から予想できる経済成長力だけではなく、戦後の日本が経済と共に、円相場を押し上げたような、現地通貨の上昇が期待できるという、相乗効果にもあります(為替ヘッジをしているもの、米ドル建てのものには注意)。

vistaへの投資は、将来的に大きなリターンが期待できるのが魅力です。

しかし、vistaへの投資で、各国の経済自体は、短期的には株価の上下を繰り返しつつ、大きく成長していくことが予想されます。

vistaへの投資を行う際には、中長期的な視点を念頭におくと良いでしょう。

VISTAに投資をしよう

BRICsに続く投資対象は、VISTA(ベトナム、インドネシア、南アフリカ、トルコ、アルゼンチン)と言われています。

これは、「 豊富な天然資源」「豊富な労働力」「積極的な外国資金の導入」「中産階級の増加」「安定した政情」といった、各国の資源や内需、経済や政情などの安定、といった要素から選ばれたそうです。

VISTAに属する国は、人口が多くて消費環境が優れている上に、天然資源が豊富で、安い労働力のために外資の受け入れが進んでおり、高い成長率が期待されています。

このことから長期投資先として、VISTA諸国に注目が集まっているといえます。

しかしながら、まだまだ成長途上の過程であることから、株価が大きく上がることもありますが、大きく下がるなどの幅があることも考えられます。投資対象としては難しい一面もあります。

このことからも、VISTAへの投資に関しては、中長期的な視点で行うことを心がけたいものです。

VISTAのこれからの発展を考えると、リスク管理を万全にして投資に臨みたいものです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。