vistaファンドとは? VISTAファンドの株と投資信託で資産運用

vistaファンドとは? VISTAファンドの株と投資信託で資産運用

投資信託「VISTA」

投資信託の、BRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)に続く投資先として、VISTA(ベトナム、インドネシア、南アフリカ、トルコ、アルゼンチン)が注目されています。

2007年4月20日付の日本経済新聞は「新興国投信 広がる投資先」の見出しで、ベトナムやフィリピンの株式に投資する投資信託が続々登場していると報じています。

販売競争も過熱ぎみで、先行する外資系運用会社に加え、国内勢が参戦し、次々と、VISTAを対象とした投資信託が設定されています。

「日本株では儲からない」と、海外に目を向ける個人投資家が増えているのも理由。

特に、50〜60歳の団塊世代に、VISTA投資信託は人気とか。

しかし、その人気の中で注意したいのが、投資信託の対象とされるVISTA諸国の政情や経済についてです。

そもそも、VISTA投資信託は、元本が保障された商品でありません。
カントリーリスクを理解し、投資を行うことが大切といえます。

vistaファンドのマネックス証券での取り扱いについて

vistaファンドは、ベトナム、インドネシア、南アフリカ、トルコ、アルゼンチン等の新興国株式に投資する商品です。
まだ商品は数少なく、ファンドで投資を行うのが一般的です。

このvistaファンドのマネックス証券での取り扱いについてですが、現状、5ヶ国に併せて投資という商品はないようです。

vistaファンドのマネックス証券での取り扱いについて、個別では、「損保ジャパン−フォルティス・トルコ株式オープン」のみです。

その他は、BRICS、アジア各国と幅広く投資するものの中に一部組み込みがみられ、これらがvistaファンドのマネックス証券での取り扱いといえるようです。

vistaファンドのマネックス証券での取り扱いについては、以上ですが、今後大きな成長が期待できる新興国への投資はますますさかんになると思われます。

vistaファンドのマネックス証券での取り扱いについても、増えていくものと思われますので、HPの定期的なチェックをお勧め致します。

vista投信について

BRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)に続く投資地域として、vista(ベトナム、インドネシア、南アフリカ、トルコ、アルゼンチン)が注目されています。

vista投信とは、多数の投資家から集めた資金を一つの大きな資金とし、資産運用の専門家がその5ヶ国に対し、株式や債券などで分散投資を行い、信託報酬を差し引いた運用成果を還元する商品のことです。

日本株に比べて、これから高度経済成長を迎えるvistaの国々への投資する手段として、株式投資や債券投資が考えられますが、vists投信なら、比較的少額からでも手軽にはじめることができます。

ただ、vista投信は、元本が保障された商品でありません。
また、新興国への投資(vista投信を含む)ということからも、各国の経済はじめ、政情等カントリーリスクを理解し、投資を行うことが大切といえます。
このことから、vista投信に対しては、長期的な資産運用を行うことを目的に、購入することをお勧めします。

vista投資信託について

vista投資信託は、bricsに変わる、新興国(vista各国)への投資を対象とした商品です。
vistaとは、ベトナム(Vietnam)、インドネシア(Indonesia)、南アフリカ(South africa)、トルコ(Turkey)、アルゼンチン(Argentine)を指しており、それぞれの国々の頭文字をとった造語のことです。

vista投資信託の投資対象である各国は、いずれも、豊富な資源と安い労働力を持ち、併せて、今後、内需を拡大する人口増加も予想されています。

このことから、vista投資信託対象国では、過去日本が、そして現在、中国がインドが経済成長期を迎えているような、大きな経済成長が期待されています。

各国の投資環境の整備はこれからですが、vista投資信託でなら、いち早い投資が可能です。
まずは「将来への投資」を目的に、vista投資信託を始めてみるのはいかがでしょうか?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。