vistaに投資するには? VISTAファンドの株と投資信託で資産運用

vistaに投資するには? VISTAファンドの株と投資信託で資産運用

VISTAの中なら南アフリカランドへの投資が面白い?

VISTAと言えば、頭文字順に
ベトアム、インドネシア、南アフリカ、トルコ、アルゼンチンですが・・・

実際に投資するならば、投資のしやすさと
リターンを考えれば、圧倒的に南アフリカへの投資がオススメです。

特に、南アフリカランドへの通貨へFXで投資するのが一番です。

SBIFXトレードなら南アフリカランドへの投資が
1万通貨幣スワップ金利が1日12円も貰えます。

この配当は、FX会社でも最高水準です。





ちなみに1万通貨への南アフリカランドを購入するのは
4000円くらいで出来ますので、4000円の投資でそのまま保有していたら

1日12円のスワップ金利ですから
365日で4380円のリターンになりまして
元が取れてしまいます。

さらに、SBIFXトレードの場合
最小単位の1通貨幣から投資が出来るので
南アフリカランドの場合は、10通貨単にとなりますかね。

その場合は、4円の証拠金で10ランドの購入が可能です。

この少額でのトレードが可能なのは、
弱小投資家の僕らにとっても嬉しいですし

資金効率も圧倒的に良くなりますので
節約したら、小金が貯まったら

こつこつと、南アフリカランドを買っていく方法であれば
雪だるま式にスワップ金利収入が増えていきますね。

こんな理由でVISTAへの投資は、
SBIFXトレードを通じて南アフリランドへ投資するのが断然オススメです。

VISTA株に注目

「VISTA」とはベトナム(Vietnam)、インドネシア(Indonesia)、南アフリカ(South africa)、トルコ(Turkey)、アルゼンチン(Argentine)の5ヶ国を指す造語で、VISTA株への株式投資が注目されています。

この地域は、ここ数年で大きな経済危機や、政治的な変化が起きています。
それらを乗り越えたVISTA各国の経済成長は始ったばかりです。

それだけ今後の経済成長余地が大きいと考えられていますが、まだまだ株式などのVISTA株への投資環境は整っていません。

日本国内に居住する私たちが、VISTA株へ投資するには、投資信託、ADR、ETFなどの方法があります。

VISTA株に投資するための投資信託については、大和証券はじめ各社で取り扱いがありますので、チェックしてみましょう。

ADR・ETFについては、現在南アフリカの企業のADRや指数を対象にしたニューヨーク証券市場やナスダックに上場しており、楽天証券で購入が可能です。

これからのVISTA株の動向には注意が必要です。

投資ターゲット「VISTA」

次なる投資ターゲット地域として、「VISTA」が注目されています。

投資ターゲット先といわれる「VISTA」とは、ベトナム、インドネシア、南アフリカ、トルコ、アルゼンチン諸国の頭文字をつなげた造語のことです。

VISTA投資とは、主にそれらの国のマザーファンドを通じて、上記諸国のの関連株式等に投資することにより、信託財産の中長期的な成長を目指すことをいいます。

VISTA投資の諸国は、豊富な天然資源(インドネシアの天然ガス、南アフリカの金鉱、ベトナムの原油・石炭、アルゼンチンの鉄・銅、等。)や安価な労働力を持っています。

また今後についても、人口増に伴う個人消費の伸びが期待できる地域ですので、投資家たちによる投資ターゲットとなりました。

経済研究所では、通貨危機のようなショックが起こらない限り、投資ターゲットであるVISTA諸国の経済規模は、50年後には28倍になると見込んでおり、VISTAへの投資は有望であると期待されています。

投資ターゲットVISTA」に注目です。

vistaファンドを証券会社で購入するには?

ポストbricsとして、vista5カ国(ベトナム、インドネシア、南アフリカ、トルコ、アルゼンチン)の株式に投資するファンドが人気です。

vistaファンドを証券会社で購入するには、まずその商品選びですが、現状vista5ヶ国全体に投資する商品は多くありません(例、大和証券取り扱いの「JPM・VISTA5・ファンド」)。

新興国への投資はますます盛んになってきていますので、vistaファンドを証券会社で購入するには、これから出てくる商品に期待したいところです。

このことからも、新興国に投資するvistaファンドを証券会社で購入するためには、まずは商品の理解が必要です。

vistaファンドを証券会社で購入するために注意したい事は、新興国へ投資するリスクをきちんと認識し、デメリットをきちんと把握しておくことです。

また、vistaファンドを証券会社で購入する事は、短期的な投資というよりも、長期的な投資と捉える事も必要でしょう。

VISTA投信はどう?

BRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)に続く投資地域として、VISTA(ベトナム、インドネシア、南アフリカ、トルコ、アルゼンチン)が注目されています。

VISTA投信とは、多数の投資家から集めた資金を一つの大きな資金とし、資産運用の専門家が、その5ヶ国に対し、株式や債券などで分散投資を行い、信託報酬を差し引いた運用成果を還元する商品のことです。

日本株に比べて、これから高度経済成長を迎えるVISTAの国々への投資する手段として、株式投資や債券投資が考えられますが、VISTA投信なら、比較的少額からでも手軽にはじめることができます。

ただ、VISTA投信は、元本が保障された商品でありません。
また、新興国への投資(VISTA投信を含む)ということからも、各国の経済はじめ、政情等カントリーリスクを理解し、投資を行うことが大切といえます。

このことから、VISTA投信に対しては、長期的な資産運用を行うことを目的に、購入することをお勧めします。

vista投資信託のオススメ

vista投資信託は、bricsに変わる、新興国(vista各国)への投資を対象とした商品です。

vistaとは、ベトナム(Vietnam)、インドネシア(Indonesia)、南アフリカ(South africa)、トルコ(Turkey)、アルゼンチン(Argentine)を指しており、それぞれの国々の頭文字をとった造語のことです。

vista投資信託の投資対象である各国は、いずれも、豊富な資源と安い労働力を持ち、併せて、今後、内需を拡大する人口増加も予想されています。

このことから、vista投資信託対象国では、過去日本が、そして現在、中国がインドが経済成長期を迎えているような、大きな経済成長が期待されています。

各国の投資環境の整備はこれからですが、vista投資信託でなら、いち早い投資が可能です。

まずは「将来への投資」を目的に、vista投資信託を始めてみるのはいかがでしょうか?

大和証券取り扱いのvistaファンドについて

bricsにかわる投資先としてvista(ベトナム、インドネシア、南アフリカ、トルコ、アルゼンチン)に投資する商品が注目されています。(例、大和証券取り扱いのvistaファンド

各国全体に投資する商品は多くありませんが、代表的なものとして、大和証券取り扱いのvistaファンド=JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社が運用する、「JPM・VISTA5・ファンド」があります。

この大和証券取り扱いのvistaファンドは、マザーファンド「JPM・VISTA5・マザーファンド(適格機関投資家専用)」を通じ、主にvista諸国の関連株式等を投資対象とし、信託財産の中長期的な成長を目指しています。

この大和証券取り扱いのvistaファンド「JPM・VISTA5・ファンド」設定時の国別基本資産配分は、市場の見通しにより、変動される可能性があります。

大和証券取り扱いのvistaファンドに関わらず、新興国への投資に関しては、長期的な視点で、購入を検討していきたいものです。

vistaファンドを証券会社で購入することについて

ポストbricsとして、vista5カ国(ベトナム、インドネシア、南アフリカ、トルコ、アルゼンチン)の株式に投資するファンドが人気です。

vistaファンドを証券会社で購入するには、まずその商品選びですが、現状vista5ヶ国全体に投資する商品は多くありません。(例、大和証券取り扱いの「JPM・VISTA5・ファンド」)

新興国への投資はますます盛んになってきていますので、vistaファンドを証券会社で購入するには、これから出てくる商品に期待したいところです。

このことからも、新興国に投資するvistaファンドを証券会社で購入するためには、まずは商品の理解が必要です。

vistaファンドを証券会社で購入するために注意したい事は、新興国へ投資するリスクをきちんと認識し、デメリットをきちんと把握しておくことです。また、vistaファンドを証券会社で購入する事は、短期的な投資というよりも、長期的な投資と捉える事も必要でしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。